月3万円のパート収入でもカードローン審査に通りました

パートで月3万円しか稼いでいない自分でもキャッシング会社の審査を通過することができました。いくつか条件はあると思いますが、ただのパートタイマーでもキャッシングを利用することはできます。

そもそも、キャッシングを利用するためには、どれぐらいの収入があればよいのでしょうか?適当なキャッシング会社のホームページを見てみると、「安定した収入がある方」と書かれていました。安定した収入があるとはどういったことを指すのでしょうか?不景気な今では公務員ぐらいじゃないと安定しているとは言えないような気もします。パートやアルバイトではダメなのでしょうか?

答えとしてはキャッシングサービスを提供している金融機関ごとに違うということになるのですが、消費者金融系であれば銀行系よりずいぶん審査が簡単なため、月3万円の収入でも審査に通過することができました。今回5万円の借り入れを行ったのですが、収入証明書として非課税証明書を出したにもかかわらず審査には何の問題もなくキャッシングできました。

金融機関ごとに異なりますが、ある程度の額まではほとんど誰にでも貸し付けてくれるという額が設定されていることがほとんどです。たとえば10万円までであれば無職や専業主婦でも貸してくれる銀行系ローンは少なくありません。しかし、消費者金融系でキャッシングを行う場合には「総量規制」に気を付けなければなりません。

総量規制とは、個人の借り入れ総額が年収の3分の1までに制限されるという仕組みです。法律による基準では、10万円、50万円ごとに規制が増えますから、私のように月3万円の稼ぎしかなく所得税すら払っていないような方はまず5万円程度のキャッシングを利用してみることをおすすめします。

10万円を超えると、キャッシング会社は信用情報機関から利用者の情報を調べなければなりません。これによって自分の信用情報がさらされてしまうわけです。預金残高なども明らかにされるため、残高によってはほかのサービスの利用に響いてくる場合があります。

ちなみに、月収数万円の私には関係のないことですが、50万円を超える借り入れの場合には収入証明書の提出が必要です。総量規制により年収の3分の1以上の貸し付けはできませんから、年収150万円を超える収入証明がなければこれ以上の額の借り入れはできません。

数万円程度の借り入れであれば、ほとんど無収入でもキャッシングの利用を行うことはできます。しかし、数万円とはいえ借りたお金は返さなければなりません。数万円でも返済が滞ったりしてしまうとそれは金融事故として扱われてしまうため、他の金融機関でキャッシングを利用しようとしても審査に通りづらくなりますし、住宅ローンや自動車ローンなど高額なローンを組む時にも悪い影響を及ぼすことになってしまいます。

たかが数万円と侮ることなく、きちんとした返済計画を立て、返済計画に従ってコツコツと返済していくことが大切です。

一般的に就業中の社会人なら大丈夫

実はキャッシング会社における、判断のもととなる審査項目というのは、キャッシング会社別で開きがあります。銀行系ではシビアで、信販会社が母体のもの、百貨店などの発行する流通関連、アコムとかプロミスなど消費者金融系という並び方で甘いものになっています。

実は銀行の融資金額については、総量規制における除外金ですから、今から借りるカードローンは、なるべくなら消費者金融など以外が正解だと覚えておいてください。簡単に言えば、本人の1年間の収入の3分の1以上になる金額については、融資を銀行以外から受けることはダメなんだという内容になっている決まりで、これがいわゆる総量規制なのです。

一般的に就業中の社会人なら、必要な審査に通過しないことは考えられません。正社員でなくてもアルバイトやパートの方も望みどおりに即日融資が実行されるケースがほとんどだと思ってください。

銀行による融資は、借金の総額を規制する総量規制の除外金額。ですからもしカードローンで借りるなら、銀行にお願いするのがいいんじゃないかと予想されます。要するに融資の限度額について、本人の年収の3分の1以上は、原則として融資を受けることは無理だという規制で、これをいわゆる総量規制というのです。

確かに利息が一般的なカードローンより余計に必要だとしても大きな額の借金じゃなくて、長くは借りるつもりがないのなら、申し込み当日の審査でいらいらすることもなく貸してもらえるキャッシングで借り入れしたいただくほうがおすすめです。

近年は、Webを活用してホームページなどで、画面の表示された簡単な設問項目を入力していただくだけで、借入に関する上限金額や返済金額などを、計算して教えてくれるサービスをやっているキャッシングの会社も見受けられ、新規の申込は、どなたでもすぐにできます!一度試してみませんか?

もしもキャッシングカードの記入済みの申込書に、不備や不足、誤りがあると、申し訳ないけれど、再提出か訂正印が必要なので、処理されずに帰ってきてきてしまいます。本人が自分で記入すべき箇所は、そうならないように間違えないように記入してください。

かなり有名な大手のキャッシング会社のうちほとんどの会社が、メジャーな大手銀行であるとか、それらの銀行の関連会社のもとで経営管理されており、ホームページなどからの新規の申込があっても対応できますし、返済は随時ATMからでも可能であるので、使いやすくて大人気です。

キャッシング会社などがその規制対象となる貸金業法では、申込書の記入方法に関しても綿密な規則が定められており、申込まれたキャッシング会社で申込書を訂正することは、規制されていて破ればもちろん法律違反です。なので、もし訂正が必要なケースでは、訂正する語句の上から二重線を引いて抹消し加えてはっきりとした印影による訂正印がないと正式な書類として受け付けてくれないのです。

突然の出費でお金が足りない。なんて困っているなら、単純に申し上げて、スピーディーな即日キャッシングを使っていただくのが、最適だと思います。お金を何が何でも今日中に入金希望の場合には、とても頼りになるサービスではないでしょうか。

キャッシング、カードローン二つの相違点については、そんなに一生懸命調査しておく必要は全然ないのです。ですがお金を借りる手続きをする際には、完済までの返済についてだけは、計画的かどうか検証した上で、現金を貸してもらうのが肝心です。

一般的になってきたキャッシングですが、大手銀行系列の会社で、多くのところでカードローンと使われているようです。一般的には、融資を希望している人が、申込んだ消費者金融あるいは銀行から借り入れる、数万から百万円程度までの少額の融資のことを、キャッシングということが多いのです。

「新規融資のための審査」という難しい単語のせいで、難しい手続きのように想像してしまうかもしれません。だけど大丈夫です。通常は審査のためのデータに基づいてマニュアル通りに、最初から最後までキャッシング業者側が進行してくれます。

注目を集めている即日キャッシングで実際に融資をしているキャッシング会社は、意外かもしれませんが多いのです。どれにしても、即日キャッシングによる対応が行うことができる時間までに、所定の申し込み事務作業が済んでいるということが、前提になっています。

原則仕事を持っている大人であれば、事前に行われる審査を通過することができないなんてことはないのです。正社員に限らずアルバイトやパートの方も望みどおりに即日融資してくれる場合がほとんどであると考えて結構です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>